ニュース
» 2006年03月16日 07時00分 公開

第3の製品System Center Reporting Manager 2006の開発が大詰めに (1/3)

Microsoft Operations Manager 2005とSystems Management Server 2003のデータを統合、分析、レポーティングを行うSystem Center Reporting Manager 2006の導入は、システム管理製品から有益な情報を引き出すことが可能になるが、初期バージョンにはいくつかの制約がある。

[Peter Pawlak,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 システム管理データを分析、レポートするMicrosoftの新しいツール「System Center Reporting Manager(SCRM)2006」のRC(製品候補)版が評価用にリリースされた。SCRMは、Microsoft Operations Manager (MOM) 2005から抽出したパフォーマンスやイベントデータとSystems Management Server (SMS) 2003から抽出したインベントリデータを組み合わせ、IT部門やITマネジャーのオペレーションやプランニングの意思決定を支援する。ただし、SCRMの最初のバージョンは、追加的なデータエレメントや他の管理データソースを取り込むように拡張することはできない。またMOMおよびSMSの次期バージョンとも互換性がなくなる見込みだ。

System Centerのフェデレート統合戦略

 Microsoftは2003年、MOMとSMSをSystem Centerと呼ぶ単独の製品に統合する計画を発表したが、まったく異なる製品を統合することによって生じる設計上の問題や移行の問題を考えると、統合後の新製品に十分な価値を見出すことはできないとの批判が多くの顧客から寄せられた。そうした声を受けて、Microsoftは従来型の統合管理製品モデルを避け、いわゆる"フェデレート型"モデルの採用を決断した。Microsoftの新しいプランは、MOMとSMSをいずれもオペレーショナルデータの格納にSQL Serverデータベースを利用する個別の製品として維持し、そこに第3の製品、SCRM 2006を提供して、双方の製品から抽出したデータをウェアハウス化し、そのデータを使ってレポートを生成するというものだ。

 このモデルは、顧客が管理製品をそれぞれのニーズに合わせて合理的に選択できるようにする一方、各製品を個別のリリースサイクルでアップデートできる柔軟性をMicrosoftにもたらす。さらにフェデレート型モデルであれば、Hewlett-PackardのOpenViewやヘルプデスク管理システムのBMC Remedyなど、他の管理データソースとの統合化や相互連携の可能性も広がる。

 もっとも、このモデルへの移行は非常に面倒なものになるだろう。SMS 2003とMOM 2005は、ともに独自のレポーティングシステムを搭載しているが、Microsoftは今後、アプリケーションを含むすべてのシステムコンポーネントに管理機能を"焼き込む"長期計画、すなわちDynamic Systems Initiative(DSI)に向け、両製品に大幅な変更を加えるからだ。

単独でもセットでも活用が可能

 MOMのイベントおよびパフォーマンスデータとSMSのインベントリデータを組み合わせれば、問題の原因特定に役立つ。例えば、ソフトウェアのパッチ適用やアップグレードなどで、何台かのサーバに変更が加えられたとき、SCRMレポートをチェックすれば、サーバのパフォーマンス低下や特定のイベントログエラーと変更の因果関係を推定することができるだろう。SCRMはまた、特定のタイプのイベントとサーバハードウェアの間に何らかの因果関係が存在するかどうかを判断するときにも役立つ。

 SCRMは、SMSかMOMのどちらか一方だけを利用する場合でも、レポーティングシステムを補完する便利な機能になり得る。

SMSのみの場合
 SMSのオペレーショナルデータベースは、インベントリおよびメータリングデータの詳細を格納できるが、デフォルトでは90日間しかデータを保持しない。SCRMをSMSとともに用いると、それらのデータのサブセットがSCRMデータウェアハウスに移され、長期間保持される(デフォルトでは1年)。それによって長期トレンドのレポーティングが可能になる。さらにSCRMレポートは、SMSのオペレーショナルデータベースではなく、独立したサーバ上に置かれたデータのコピーを利用するため、SMSサーバのパフォーマンスに影響を与えることなく、高速に表示される。SMS 2003ではレポートをカスタマイズできる範囲が限られていたが、SCRMはSQL Server 2005 Reporting Servicesをベースにしているため、それに慣れ親しんだプログラマーなら、さまざまなタイプのカスタムレポートを作成できるだろう。

MOMのみの場合
 MOM 2005にビルトインされたレポーティングシステムは、SCRMのものとよく似ている。いずれもMOMのオペレーショナルデータベースから分離したデータウェアハウスにデータをロードし、SQL Server Reporting Servicesを利用してレポートを生成する。そのため、SMSを利用していなければSCRMは必要がないように思えるが、複数のMOMシステムを利用する大企業などではSCRM導入のメリットは十分にある。MOM 2005データウェアハウスは1つのMOMオペレーショナルデータベースからしかデータを抽出できないが、SCRMは複数のMOMデータベースのデータを、サーバインフラ全体をカバーするレポートに統合することが可能だ。

 SCRM 2006はMOM 2005のレポーティングシステムの完全なスーパーセットを含むため、MicrosoftはMOMの将来バージョンからMOM独自のレポーティングシステムを削除する可能性がある。また同社は、SQL Server Reporting Servicesを提供していることもあり、おそらくSMS固有のWebレポートエンジンの提供は継続的には行われないだろう。ただし、MOMとSMSの将来バージョンにも、オペレーショナルデータをライブで照会できる機能はそのまま残るはずだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -