ニュース
» 2006年03月27日 07時00分 公開

キャンペーンは常套手段に? Origamiの落胆と険しいニッチ市場 (1/2)

数週間にわたりメディアのさまざまな憶測を呼んだ後、遂に正体が明かされた“Origami”ことUltra-Mobile PC(UMPC)。今回のマーケティングキャンペーンは一定の成果があったと言えそうだが、UMPCが狙うニッチ市場の価値は未知数だ。

[Matt Rosoff,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 7インチのタッチパネルと新しいユーザーインタフェース機能を備えたコンシューマー向けの軽量Tablet PCが登場する。数週間にわたり噂や憶測が錯綜した後、2006年3月に開催されたCeBIT展示会会場においてUltra-Mobile PC(UMPC)が正式に発表された。UMPCは、携帯情報端末(PDA)、スマートフォン、ポータブルミュージックプレーヤーなどのハンドヘルドデバイスとラップトップPC間の未踏の領域を狙っているが、このニッチ領域の市場としての価値は未知数である。第1世代のUMPCに課された市場創出の道は、険しいものになるかもしれない。

Ultra-Mobile PCの特徴

 MicrosoftチーフソフトウェアアーキテクトのBill Gates氏によりモックアップがお披露目されたのは、2005年5月の同社主催のWindows Hardware Engineering Conference(WinHEC)にさかのぼる。UMPCはMicrosoftのハードウェアリファレンスデザインを基にし、Windows XP Tablet Editionを搭載するバッテリー駆動型の小型PCである。通常のTablet PCはモバイルワーカー向けに調整されているが、UMPCはコンシューマーをターゲットとしており、電子メールの送受信やWebサーフィン、デジタルメディア(音楽や画像)へのアクセス、PCゲームなどの機能を提供する。

 UMPCはラップトップや通常のTablet PCと比較してかなり小型化されており、重量は1.2kg未満、7インチ以下の横型タッチスクリーンを搭載する。バッテリー持続時間は2.5時間以上で、ハードドライブ容量は30〜60Gバイト、CPUにはIntelまたはVIAのモバイルプロセッサを採用する。また、第1世代のUMPCは、Wi-FiおよびBluetoothに対応するほか、Ethernetポートを備える。今後のバージョンでは、GPSレシーバー、デジタルTVチューナー、フラッシュカードやSDメモリカードなど小型デバイスに適したハードウェアが追加される可能性がある。ただし、キーボードやCD/DVDドライブは通常のTablet PCやラップトップPCに標準で搭載されるハードウェアだが、UMPCの仕様にはこれらが含まれていない。

 UMPCはTablet PCと同じインタフェースを採用し、デジタルペン入力および手書き入力文字のテキストへの変換をサポートする。また、UMPC用に開発されたオプションのインタフェースがTouch Packとして提供される。これは、小型のタッチスクリーン上での操作を支援するためのソフトウェアパックで、次のものが含まれる。

  • Program Launcher UMPC専用のスタートメニューで、"Communicate"(通信)、"Connect"(接続)、"View"(表示)などのカテゴリ別にアプリケーションショートカットを配置したMedia Center PCやPortable Media Centerデバイスと同様のインタフェースを提供する。
Ultra-Mobile PCのProgram Launcher
「Program Launcher」は、Ultra-Mobile PC(UMPC)のタッチスクリーン上にボタンを表示し、これを使ってアプリケーションを起動できるようにするプログラムだ。Media Center PCやPortable Media Centerデバイスと同様のインタフェースを採用し、機能別にアプリケーションをグループ化している(画面左)。この画面例では、"Communicate"が選択され、Hotmail(Web電子メール)、Windows Messenger(インスタントメッセージング)、Outlook Express(POP3電子メール)、MSN Spaces(ブログ)へのリンクが表示されている。Program Launcherは、Touch Packの一部で、このオプションコンポーネントはOEMがUMPCと一緒に出荷できる。


  • DialKeys パートナーのFortune Fountainが開発したアプリケーションで、2つの扇形に分かれたタッチスクリーンキーボードを画面下部に表示し、親指でテキストを入力しやすいようにしている(これは現在Research in Motionが提供している人気の携帯電子メールデバイスBlackBerryで採用されている方式と同じである)。
       1|2 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -