ニュース
» 2006年04月03日 07時00分 公開

MSが踏み込むパートナー領域は「有害情報からの保護」(1/2 ページ)

子供のネット利用状況を追跡し、不適切なWebサイトへのアクセスを遮断するWindows Live Family Safety Settingsの提供が予定されているが、これはセキュリティ専業ベンダーなどのパートナーとの関係に影響を及ぼす可能性がある。

[Matt Rosoff,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 Microsoftは、保護者が子供のネット利用状況を追跡したり、不適切なWebサイトへのアクセスを遮断できる無償のオンラインサービス「Windows Live Family Safety Settings」の提供を予定している。これは、Windows Vistaに実装される予定のペアレンタルコントロールと同様に、ネット利用の安全性に対する危惧の緩和を図る同社の取り組みの一環として提供される。しかし、このような製品を無償で提供することで、Safebrowse.com(Surf Eyes)やSurf Control(CyberPatrol)などのペアレンタルコントロール専業ベンダーや、ペアレンタルコントロール機能を盛り込んだコンシューマー向けセキュリティ製品を提供しているMcAfeeやSymantecといったセキュリティ専業ベンダーなどのパートナーとの関係に影響が出ることが考えられる。

Windows Live Family Safety Settingsが目指すもの

 2006年3月に提供が発表されたWindows Live Family Safety Settingsには、次の機能が含まれる予定だ。

Webコンテンツフィルタリング
 保護者が、あらゆる年齢層に適しているとみなされた約100000サイトのリストに含まれるサイトにしか子供がアクセスできないようにすることができる。同サービスでは、Webクロール機能を使用して、ドラッグ、ヘイトスピーチ(差別言説)、ポルノなどのカテゴリに分類されるサイト情報をまとめたデータベースを定期的に更新される。子供の年齢に合わせて、特定のカテゴリのサイトへのアクセスのみを禁止したり、単に警告を表示するだけにすることもできる。また、子供を特定の年齢層に振り分けて、サービスにより自動的に適切なアクセスレベルが設定されるようにすることもできる。

 Family Safety Settingsでは、前述のデータベースに基づく検証のほか、例えばページの読み込み時にコンテンツをスキャンし、不適切な検索語句をブロックすることもできる。また、MSNミュージックから特定の歌詞を含む楽曲を子供がダウンロードできないようにするといったMSNサイト専用の新しいフィルタも提供される可能性がある。

 子供からアクセスの禁止の解除を求めるリクエストを保護者に送信することができ、保護者はこれをオンラインのFamily Safety Settingsインタフェースを介して受け取る。保護者は、アクセス先のコンテンツを確認して、その場でアクセスを許可することができる。

連絡先セーフリスト
 事前に承認した連絡先のリストを用意することで、Windows Live Mail(Hotmailの後継サービス)およびWindows Live Messenger(MSN Messengerの後継サービス)を通じて子供がコミュニケーションをとる相手を制限できる。また、このリストを使ってWindows Live Spaces上で公開している子供のブログにアクセスできるユーザーを制限することもできる。

 この連絡先セーフリスト機能は、Windows Liveで提供が予定されている統合連絡先ストア(Windows Live Contacts)に依存するため、オフライン電子メールクライアントやサードパーティのインスタントメッセージングクライアントでは利用できない。同様にサードパーティのWebメールサービスとも連携しないが、Webフィルタリング機能のフィルタ対象に"Webメール"を指定することで、このようなサイトへのアクセスを禁止できる。

レポート機能
 保護者は子供がアクセスしたまたはアクセスを試みたWebサイトについてのレポートを参照できる。他のアプリケーション(電子メールクライアントなど)からアクセスしたサイトもレポート対象となり、子供のコミュニケーション相手についての情報もレポートされる。

       1|2 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ