ニュース
» 2006年04月04日 15時13分 公開

「ココログ」トラブルについて、ブログで社長が謝罪

ココログでは3月28日のバージョンアップ後にトラブルが続いている。この件について、古河社長はブログで「ココログのトラブル」として状況説明と謝罪内容を投稿した。

[ITmedia]

 ニフティの代表取締役社長、古河建純氏は4月4日、同社のブログサービス「ココログ」のバージョンアップ後に発生しているトラブルについて、自身のココログで「ココログのトラブル」という新エントリーを立てて状況を説明し、謝罪した。

 古川代表取締役社長のココログ「古河建純 インターネットBlog」では、バージョンアップを実施したメンテナンス後から、不満を訴えるユーザーからのトラックバックが寄せられていて、それを受ける形で立てた新エントリーでの謝罪となった。

 まず、バージョンアップから1週間が経過し、スタッフの努力にもかかわらず、バグと性能問題を解決できていないことを謝罪。特に、2005年からの性能問題は改善できたと報告しながらも、メンテナンス不具合に加えてバージョンアップでのトラブルが続いていることに、釈明の余地がない状況と認識しているという。

 現在、メンバーの補強やシックス・アパートとの連携強化など、必要と考えられる対策を講じているが、まだ十分なレベルに達していないという。ブログ上では、もうしばらく時間をいただきたいと表明している。

 今回のトラブルについての現状報告は、「お知らせココログ」でも随時行われている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -