速報
» 2006年04月13日 08時41分 公開

Oracle、Portal Softwareを買収

Oracleは通信業界向け決済/収益管理ソフトメーカーのPortal Softwareを、公開買い付けにより約2億2200万ドルで買収する。

[ITmedia]

 米Oracleは4月12日、通信/メディア業界向け決済/収益管理ソフトメーカーのPortal Softwareを公開買い付けにより約2億2200万ドルで買収する計画を発表した。

 PortalではOracleを基盤としたオブジェクト指向アーキテクチャの決済/収益管理ソフトを提供しており、固定電話、携帯電話、ブロードバンド、CATV、VoIP、IPTV、音楽、ビデオといった全通信サービスの課金と管理が可能。

 Oracleでは同社の買収を通じ、通信/メディア業界向けアプリケーションの強化を図り、初の通信業界向けエンド・ツー・エンドのパッケージ型エンタープライズソフトスイートを提供する計画。

 Portal SoftwareはOracleのグローバルコミュニケーション事業部として運営される。Portalの世界営業/サービス/マーケティング上級副社長、バスカー・ゴルティ氏が同事業部責任者に就任し、現CEOのデイブ・ラブダ氏は同事業部のCTOとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ