速報
» 2006年04月20日 08時17分 公開

Intel、在庫だぶつきで減収減益

PC市場減速の影響でプロセッサ出荷が減少。各国で軒並み売り上げが予想を下回る中、日本ではノートPCが貢献して8%の増収となった。

[ITmedia]

 米Intelが4月19日発表した第1四半期(1〜3月期)決算は、PC市場の減速を受けて売上高が前年同期比で5%減少して89億ドル、純利益は同38%減の13億ドル、1株利益は34%減の23セントとなった。

 株式による給与支給の影響を除いた非GAAPベースでは、純利益は前年同期比26%減の16億ドル(1株当たり27セント)となる。

 「過去数四半期でPCの伸びが鈍化し、当社顧客のチップレベル在庫削減のペース減速を招いた結果、当社上半期の売り上げに影響が出ている」とポール・オッテリーニCEO。

 マイクロプロセッサは出荷数が減少し、平均販売価格も微減となった。チップセット、マザーボード、フラッシュメモリ、および携帯電話/PDA向けのアプリケーションプロセッサも減少している。

 売り上げはアジア太平洋、南北アメリカ、欧州で軒並み予想を下回る中、日本ではノートPCの好調が貢献して前年比8%の増収となり、初めて10億ドルの大台に乗せた。

 第2四半期の売上高は、通常の季節パターンを下回る80〜86億ドルを予想。顧客の在庫が通常のレベルを越え、短期的な需要が制限されていると説明している。

 2006年通年の売上高も、前年の388億ドルを約3%下回る見通し。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ