ニュース
» 2006年05月10日 07時00分 公開

Office 2007を機にOffice Webコンポーネントが引退へ、選択肢はAJAX?(2/2 ページ)

[Rob Helm,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版
前のページへ 1|2       

提供は継続されるが導入の手間は増える

 Office Webコンポーネントは、2006年末に予定されているOffice 2007のリリース後も引き続き提供される。セキュリティ更新やバグ修正などのサポートも向こう数年間継続される。だが、このコントロールはOfficeに含まれなくなるため、管理者やユーザーは、このコントロールを必要とするWebアプリケーションを利用するには、別途このコントロールをインストールしなければならなくなる。

Office Webコンポーネントのサポート期間

バージョン 搭載製品 メインストリームサポートの終了日 延長サポートの終了日
OWC 9 Office 2000 2006年6月30日 2011年6月30日
OWC 10 Office XP 2008年12月31日 2013 年12月31日
OWC 11 Office 2003 2011年12月31日 2016年12月31日
最新のOffice Webコンポーネント(OWC)は2011年まで完全にサポートされ、セキュリティ更新プログラムと有料サポートの提供(延長サポート)は2016年まで継続される。しかし、Microsoftはこのコンポーネントの機能強化を行う予定はなく、以前のバージョンはより早い時期に引退する。


 MicrosoftはOffice Webコンポーネントの開発を中止し、自社製品からこのコントロールを徐々に削除していく。例えば、Access 2007とSharePoint Designer(FrontPageの後継製品)には、このコントロールを使用する機能は搭載されない。SQL Server 2005 Reporting Servicesでも、このコントロールはデフォルトでは使用されないが、このコントロールを使用する機能は引き続き提供されており、SQL Server 2000 Reporting Servicesをアップグレードした場合でも、この機能は自動的に有効になる。また、Project Server 2007はこのコントロールを引き続き使用するが、このコントロールは以降のバージョンでは使用されないだろう。Business Scorecard Managerの次期バージョンについてもそのように予想される。

 Microsoftは、ExcelスプレッドシートをWebに発行する機能として、Excel Servicesを推奨している。SharePoint Server 2007に搭載されるこの機能は、サーバ上でスプレッドシート機能、ピボットテーブル機能、グラフ機能を実行するもので、ブラウザからアクセスできる。Excel ServicesはOffice Webコンポーネントに比べて以下のような利点がある。

  • クライアント側ではソフトをインストールすることなくデータを表示できる。
  • セキュリティ問題の原因になることが多い、ブラウザでのActiveXサポートが不要。
  • 特定のセルを編集不可にする機能など、スプレッドシートデータの保護オプションが多い。
  • Office Webコンポーネントでサポートされていない書式機能やグラフ機能を提供する。
  • Internet Explorer以外のブラウザをサポートする。

 しかし、Excel ServicesにはOffice Webコンポーネントの一部の機能が欠けており、例えば、ブラウザユーザーは数式を変更することができない。また、Excel ServicesへのアクセスはOfficeの価格には含まれず、ユーザーはSharePoint Enterpriseクライアントアクセスライセンス(CAL)を別途購入しなければならない。

管理者と開発者は何をすべきか?

 管理者はOffice 2007の導入を計画する際に、Office Webコンポーネントを使用するWebアプリケーションを洗い出し、こうしたアプリケーションを利用するすべてのOffice 2007クライアントにこのコントロールを展開しなければならない。このコントロールはOffice 2007やWindowsとともにイメージとして展開でき、Systems Management Serverやグループポリシー、あるいは類似のツールを使って後で展開することもできる。

 Webアプリケーションを計画している開発者は、Office Webコンポーネントやクライアント側ActiveXコントロールを採用する前によく考えるべきだ。ActiveXコントロールに起因するIEのセキュリティ問題が頻発しており、IE 7では、ほとんどのActiveXコントロールがデフォルトでは無効になる。Microsoftは、ActiveXコントロールの役割を完全になくそうとしているわけではない。Office 2007は、Visioファイルビューアや、SharePointサイト上のデータを編集するためのSharePointデータシートリストコントロールなどとともに出荷される。しかし開発者は、5年以上先を視野に入れる必要がある新規プロジェクトではOffice Webコンポーネントの使用を避け、新しいWebアプリケーションではActiveXに代わる選択肢(AJAXプログラミングなど)を考えるべきだ。

前のページへ 1|2       

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ