速報
» 2006年05月19日 08時30分 公開

Microsoft、VPN提供企業のWhale Communications買収

Whaleの製品が加わることで、既存のセキュアアクセスソリューションに、補完的なSSL VPN機能と包括的なアプリケーションレイヤーフィルタリング機能を付加できるとMicrosoft。

[ITmedia]

 米Microsoftは5月18日、セキュアアクセス製品の提供企業、Whale Communicationsの買収で合意したと発表した。

 Whale Communicationsでは、会社のアプリケーションやデータへの社外からのアクセスを保護するSSL VPN、Webアプリケーションファイアウォールなどの製品を提供している。

 WhaleのIntelligent Application GatewayとApplication Optimizersが加わることで、MicrosoftのWindows ServerとInternet Security and Acceleration Server(ISA Server)を基盤とした既存のセキュアアクセスソリューションに、補完的なSSL VPN機能と包括的なアプリケーションレイヤーフィルタリング機能を付加できるとMicrosoft。

 これによって社外からのアクセス簡素化を図り、アクセスできる場所と、PC、インターネットキオスク、携帯端末など利用できるデバイスを拡大。Active DirectoryなどのWindowsサービスと併用すれば、IT管理者によるコントロールと利用ガイドラインの適用を強化できると説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ