ニュース
» 2006年05月31日 07時00分 公開

MS管理テクノロジーの“穴”を埋める2つの新プロジェクト(1/3 ページ)

Microsoftは問題、資産、変更管理機能を提供する「Service Desk」およびLonghorn Serverの仮想マシンを管理する「Carmine」という2つの新しい管理製品を2007年後半にリリースする予定だ。両製品は現行のMicrosoft管理テクノロジーではカバーしきれていない領域を埋める重要な製品になるだろう。

[Peter Pawlak,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 2006年4月に開催されたMicrosoft Management Summit(MMS)において、Microsoftは2つの新しい管理製品を2007年後半にリリースする計画を発表した。1つはトラブルチケット、資産管理、変更管理機能を提供する製品(コード名:Service Desk)で、もう1つは次期Windows Serverに組み込まれる仮想化機能を管理する製品System Center Virtual Machine Manager(コード名:Carmine)である。詳細については不明な点が多く、βテストも開始されていないが、この2つの製品は現在Microsoftがカバーできていない管理テクノロジーの“穴”を埋める重要な製品になるだろう。

“クローズドループ”の実現を目指す「Service Desk」

 IT部門は長いこと“クローズドループ”型のシステム管理ソリューションを求めてきた。クローズドループ型のシステム管理では、監視ソフトウェアが自動的に問題を検出し、問題の原因情報を含むアラートを生成する。次に、このアラートから問題に関与している特定のハードウェアまたはソフトウェア資産にリンクしたトラブルチケットが生成され、このトラブルチケットを基にヒューマンワークフローを開始して問題を解決する。問題を解決するための変更が(手動または自動化ツールを使用して)実施されると、管理システムは変更管理および資産データベースを更新して、変更内容(変更時刻および変更者情報を含む)を記録し、自動的に関連するチケットをクローズする。

 現時点では、Microsoftのテクノロジーおよび製品のみを使用して、このような“クローズドループ”型のシステムに近いものを実装することはできない。Microsoftのシステム管理テクノロジーではカバーできない部分を穴埋めするサードパーティの製品が必要だ。ただし、包括的な業界標準を利用せずに複数のベンダーが提供する複雑なコンポーネントを組み合わせたソリューションにはつきものだが、サードパーティの製品を組み入れたソリューションでは、連携上の問題や機能面での制限が生じている。

不完全な現在のMicrosoftシステム管理テクノロジー

 クローズドループ型のシステム管理ソリューションの4大要素のうち、Microsoft Operations Manager(MOM)は、ループの第一段階(Windowsシステムの監視、問題の検出、診断、アラートの生成)に対応する包括的な製品である。サードパーティからは、さまざまな非Microsoft OSおよびアプリケーション監視用のMOM管理パックが提供されている。

 ただし、トラブルチケットや問題解決ワークフロー機能を実現するMicrosoftテクノロジーは現時点では皆無である。これまで同社は、このような機能の実現には、BMCのRemedy製品などサードパーティのソリューションを活用するよう顧客を誘導してきた。

 また、変更管理および資産管理には、Microsoft Systems Management Server(SMS)を利用できるが、これは部分的なソリューションにしかならない。MicrosoftはSMSを資産管理機能および構成・変更管理(CCM)機能の両方を提供する製品として売り出しているが、SMSはこれらの機能の一部にしか対応していない。SMSはソフトウェアのインストールとアンインストール、パッチの適用、ハードウェアおよびインストールされているソフトウェアの変更の検知、これらの変更履歴のトラッキングを行うことはできる。しかし、(変更時刻および変更者を記録する必要がある)OSやアプリケーションの設定変更の自動(あるいは手動であっても)トラッキングを実現できるメカニズムは備えていない。また、OSおよびアプリケーションの設定を一元管理する別のテクノロジーであるグループポリシーとの連携や、グループポリシーの変更のトラッキングもできない。

       1|2|3 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ