ニュース
» 2006年06月23日 07時00分 公開

Windows仮想化に新たな道を開くSoftGridとは?(1/3 ページ)

MicrosoftはSoftricityの買収により、クライアントアプリケーションを展開、実行するための新しいインフラを手に入れる。それは現在のMicrosoftインフラよりも高い信頼性と管理性を実現するものだ。

[Peter Pawlak,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 MicrosoftはソフトベンダーのSoftricityを買収する。同社の主力製品「SoftGrid」は、Microsoft Wordなどのような従来の“シック”デスクトップアプリケーションを、現在のMicrosoftインフラよりも容易に、かつ信頼性の高い方法で中央から展開、管理できるインフラを提供する。SoftGridインフラでは、既存アプリケーションは通常の方法でインストールされているかのように動作するが、実際には仮想化されたWindows環境で動作し、ほかのアプリケーションやWindows OSから隔離される。

クライアントアプリの優れた展開と管理方法に焦点

 SoftGrid(2001年出荷開始)が登場する前は、企業は2つの方法を使って、Wordのような従来型の“シック”デスクトップアプリケーションをユーザーに提供していた。1つの方法は、これらのアプリケーションをユーザーのPCにインストールする(さらに、これらを管理するために、アプリケーションのインストール、更新、追跡を中央から行うMicrosoftのSystems Management Serverなどのツールを使用する)というもの。もう1つの方法は、MicrosoftのターミナルサービスかCitrix Presentation Server(旧称Metaframe)が稼働するサーバにアプリケーションをインストールして実行し、ユーザーのPC上のWindowsリモートデスクトップクライアントかCitrix Presentation Server Clientソフトとの間で画面イメージとキーボード/マウス信号を送受信することで、ユーザーがサーバ上のアプリケーションを遠隔操作できるようにするものだ。

 前者の一般的なシッククライアントアプローチでは、ローカルPCの処理能力が利用されており、ユーザーはオフラインで作業できる。だが、アプリケーション間でDLLの競合が発生する場合をはじめ、サポートや管理には多大な手間やコストがかかる。これに対し、Windowsターミナルアプローチでは、管理が容易であり、ユーザーのPCにアプリケーションをインストールする必要はない。だが、オフラインでアプリケーションを利用することはできないほか、かなりのサーバリソースが必要となり、グラフィックスを多用するアプリケーションやマルチメディアアプリケーションはパフォーマンスが悪くなる。

 SoftGridは、各アプローチの特徴の一部を兼ね備えるとともに、新たなメリットをもたらす代替選択肢を提供する。

SoftGridの概要

 SoftGridソリューションは3つの主要な要素で構成されている。アプリケーションを準備するツール、サーバソフト、クライアント側ソフトだ。

Sequencerツール
 アプリケーションをSoftGridで展開するには、SoftGridのSequencerというツールを使って、まずアプリケーションを特別に再パッケージ化しなければならない。Sequencerは、そのための準備として行われるアプリケーションのネイティブなインストールプロセスと、それに続くアプリケーション機能の実行を監視し、アプリケーションとOSのすべてのやり取りを記録する。さらにSequencerは、アプリケーションでどのOSコンポーネントが使われるかを調べ、パターンと依存関係(アプリケーションで使われるDLLのバージョンなど)を分析し、この情報を用いて、SoftGridクライアントソフトが導入されたWindows PCで実行されるSoftGridアプリケーションモジュールを作成する。このモジュールには、オリジナルのアプリケーションソフトに加え、企業が設定した構成データも含まれる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ