ニュース
» 2006年06月23日 07時00分 公開

Windows仮想化に新たな道を開くSoftGridとは? (3/3)

[Peter Pawlak,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版
前のページへ 1|2|3       


  • SoftGrid管理者は、アプリケーションアクセスの管理とアプリケーション使用状況の追跡を行える。このため、企業はアプリケーションのどのバージョンがいつ、誰に、どのような構成で使われるかなど、アプリケーションを完全に集中管理できる。
  • ハードウェアのインスタンス全体を仮想化するMicrosoftのVirtual PCのアプローチと比べて、SoftGridでは、必要なハードウェアリソースがはるかに少ないほか、セットアップを容易に行うことができ、起動が速く、ゲストOSのライセンスやシステム管理が不要となっている。
  • 一般ユーザーにOSの管理者権限を与えることなく、管理者権限の必要なアプリケーションを彼らが利用できるようにすることができる。

 2007年初めから一般発売されるWindows Vistaのセキュリティ機能を考えると、この最後の点は特に重要だ。Vistaの新しいセキュリティ機能であるUser Account Control(UAC)は、アプリケーションが特権操作を実行しようとするたびに、管理者以外のユーザーには管理者資格情報の提供を求め、管理者ユーザーには警告を発する。多くの既存アプリケーション、とりわけカスタムアプリケーションは、ユーザーが(インストール時だけでなく)通常の作業を行う際も管理者権限でPCにログオンすることを想定して作成されている。こうしたアプリケーションは、基本的にUACとともに使うことができない。そこで、UACを無効にすることは望まないがこうしたアプリケーションを利用したいという企業にとって、SoftGridは魅力的な選択肢になる。こうしたアプリケーションはUACを作動させることなくSystemGuard内で特権操作を実行でき、それによってOSやほかのアプリケーションのセキュリティリスクが高まることもない。

 従来のシッククライアントアプリケーションと同様に、SoftGridのアプローチは、アプリケーションがサーバ上の大量のデータを読み書きする必要があり、クライアントとサーバ間の帯域が狭い場合には、ターミナルサーバアプローチに及ばない。この場合、アプリケーションをターミナルサーバでホストする方が通常は得策だ。ターミナルサーバは一般に、バックエンドサーバに高速にアクセスでき、実際のデータではなく、画面データだけをPCに送信するからだ。例えば、リモートユーザーがファイルサーバ上の大規模なMicrosoft Accessデータベースにアクセスする必要がある場合、Accessアプリケーションがターミナルサーバでホストされている方が、クライアントPC上で動作する場合よりもはるかにパフォーマンスが高くなる。

 しかし、SoftGridはこうしたシナリオにも有用だ。SoftGridは、SystemGuardが稼働するターミナルサーバやCitrix Presentation Serverサーバに、アプリケーションソフトを展開するのにも利用できる。SoftGridソリューションにより、そうしたサーバのファームにインストールされたデスクトップアプリケーションを容易に管理できるほか、マルチユーザーに対応していない古いアプリケーションをそれらのサーバでホストできる。

 SoftGridのコストを別にすれば、企業がシッククライアントアプリケーションについて、通常のインストール方法を使用し続ける技術的理由があるのかどうかは不明だ。SystemGuardがアプリケーションとOSの間にコードのレイヤを1つ追加することが、パフォーマンスにある程度影響するのは確かだ。しかし、SoftGridの現在の顧客は、このトレードオフを許容できるものと考えているようだ。一方、標準Windows APIの枠組みから外れた一部のアプリケーションは、SystemGuard環境で適切に動作しないと考えられる。

前のページへ 1|2|3       

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -