ニュース
» 2006年07月20日 07時00分 公開

グラフィック強化でExcel 2007はどう進化したか? (3/4)

[Rob Helm,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 また、Excel、PowerPoint、WordはすべてOffice 2007の新しいテーマメカニズムをサポートするため、ユーザーは文書中のすべてのオブジェクトの色/フォントをコーディネートされた単一セットで調整できる。テーマメカニズムは、Excelの組み込みグラフとスプレッドシートをそれらを含むWord文書やPowerPoint文書と調和させたい場合に特に便利に利用できるだろう。

PDFと印刷機能の改善
 Excel 2007は(Word 2007とPowerPoint 2007も)、AdobeのPortable Document Format(PDF)ファイルとMicrosoftのXML Paper Specification(XPS)フォーマットの両方に直接印刷できる。Excel 2007の新しいページレイアウトビュー機能を使えば、ダイアログボックスを使ったこれまでの方法よりも簡単に、印刷用のマージン、ヘッダ、フッターを調節できる。

データとテーブル
 Excel 2007では、「間に合わせ」のデータベース管理システムとしてExcelを利用しているユーザー向けに、幾つかの改善点が提供される。Excelのデータ管理機能を根本から変えるほどの変化ではないが、たまにしか使わないユーザーにとっても機能が目に付きやすくなるだろう。

 目立ったところでは、Excel 2007ではユーザー定義テーブルのサポートが拡張される。Excel 2003では、こうしたテーブルは「リスト」と呼ばれていた。Excelにおけるテーブルとは、ワークシート内の特定の範囲のことで、通常は名前の付いた列を先頭に複数のデータ行で構成される。ユーザーがある範囲をテーブルとして設定すると、Excel 2007はそのテーブルを保守するための便利な機能をいろいろと提供する。

計算と計算式
 Excel 2007の計算エンジンは完全に書き直されている。多くの制限が排除あるいは緩和され、計算式の編集も改善されている。こうした変更点は特に、計算集約型の大規模モデルでExcelを限界まで利用している証券アナリストやエンジニアのほか、データ管理/統合に大きなスプレッドシートを使用しているユーザーなどにプラスとなるだろう。

削除された機能と互換性

 Excel 2007はこれまでのバージョンと大部分は互換性がある。これまでのファイルフォーマットを読み取り/書き込みできるほか、互換モードを使えば、従来のバージョンではサポートされていない機能を無効にした状態でExcel 2007を実行できる(さらにMicrosoftは、Excel 2000/2002/2003でExcel 2007のXMLファイルフォーマットを読み込めるようにするためのパッチを提供する方針だ)。

 ただし、以下の点も含め、非互換な部分も幾つかある。

ファイルのインポート
 Excel 2007は、これまでのバージョンでサポートされてきた幾つかのファイルフォーマット(Lotus 1-2-3など)をインポートできないため、Excel 2007にアップグレードする企業は、そうしたフォーマットで保存されたファイルを読み取れなくなる(Microsoftによると、同社がカスタマエクスペリエンス向上プログラムで顧客サイトから集めたデータによれば、今回サポートが外されるフォーマットはほとんどが使用されていないものだという)。

グラフ
 これまでのバージョンのExcelのグラフは、変更なしにそのままExcel 2007にインポートされるとは限らない。これは、新しいグラフィックシステムの影響だ。例えば、インポートしたグラフでは、テキストのラッピングが変わる可能性がある。また、3Dグラフのグリッド線や2次元壁など、幾つかのグラフ機能は完全に削除されている。

Web
 Excel 2007ではもはや、Office Web Components(OWC)と呼ばれるActiveXコントロール群を使って、標準的なWebサーバ向けにインタラクティブなWebページを発行することはできない。今後、インタラクティブなWebページを発行するには、Excel Servicesが必要となる。Excel 2007で発行されたWebページは「往復型」ではない。つまり、そうしたページを再びExcel 2007にインポートすると、データなど各種の要素は失われる。

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ