ニュース
» 2006年07月25日 14時52分 公開

PFUの検疫ソフトがNAC Phase2に対応、社内LANエッジでの検疫も可能に

PFUの検疫ネットワーク製品「iNetSec Inspection Center」が、シスコシステムズの「Cisco Network Admission Control」(NAC)のPhase 2に対応した。

[ITmedia]

 PFUは7月25日、同社の検疫ネットワーク製品「iNetSec Inspection Center」が、シスコシステムズの「Cisco Network Admission Control」(NAC)のPhase 2に対応し、認定ロゴを取得したことを発表した。

 iNetSec Inspection Centerは、PFUが独自に開発した検疫ソフトウェア。OSのバージョンやパッチ適用状況、ウイルス対策ソフトの更新状況といったクライアントPCのセキュリティ環境を検査し、企業のセキュリティポリシーを満たさない限り業務ネットワークへのアクセスを禁止することができる。

 これまで同製品では、ネットワーク認証機器などと連動して制御を行う「ゲートウェイ方式」、IEEE802.1x認証VLANスイッチと連動する「IEEE802.1x認証方式」に加え、NAC対応のネットワーク機器を利用する「Cisco NAC方式」の3方式をサポート。ただしCisco NAC方式では、WANやリモートアクセス時の検疫を実施するPhase 1のみの対応だった。

 PFUではこの「NACオプション」を強化し、Cisco NAC Phase 2に対応。ルータやVPNゲートウェイだけでなく、スイッチとの連携が可能になることで、社内LANのエッジでも検疫処理を行えるようになった。これにともない、NACパートナープログラムの「NAC Compatible Logo」を国内ベンダーとしては初めて取得したという。

 PFUではロゴ取得を機に、すでにシスコ製品を導入済みの顧客を中心に販売を強化。Cisco Secure Access Control Server(ACS)との連携も含めた形で提供していくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -