ニュース
» 2006年07月27日 08時38分 公開

Microsoft、医療用ソフトと開発チームを買収

Microsoftは医師が医師のために開発したソフトAzyxxiを買収し、医療サービス運営組織のMedStar Healthと戦略提携を結んだ。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月26日、医療用ソフトのAzyxxiを買収し、医療サービス運営組織のMedStar Healthと戦略提携を結ぶことで合意したと発表した。契約金額は非公開。

 Azyxxiは医師が医師のために設計したソフト。Microsoftの開発ツールを使い、MedStar Healthが運営するワシントンDCの病院の救急部門で1996年に開発された。さまざまな情報源から患者の診療記録や検査結果を収集し、診療先で引き出すことができる。

 Microsoftは同ソフトの買収によって医療分野への進出強化を図るとともに、実証済みのソリューション提供を拡大できると説明している。

 Azyxxiを開発したWashington Hospital Centerのクレイグ・フェイエッド医師、フィドリック・イスカンダー医師以下、開発に携わった約40人はMicrosoft入りし、引き続き同ソフトの研究と強化に取り組む。同陣容とソフトは新設のヘルスソリューション部門に組み込まれる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -