特集
» 2006年08月15日 12時15分 公開

Leverage OSS:ラップトップをスリープさせる (1/2)

ACPI電源管理を適切に機能させることを目的に、最近Ubuntuに追加されたgnome-power-managerパッケージは、細かい設定なしに簡単に電源管理を行うことができる。

[Jonathan-Oxer,-Kyle-Rankin,-and-Bill-Childers,Open Tech Press]
SourceForge.JP Magazine

 ラップトップをスリープさせる機能は、適切な電源管理の一部である。ACPIスリープとは、システムが技術的には電源オンの状態にありながら、スクリーンとハードディスクは電源オフになっていて、RAMの内容を保持しておくのに必要な電力だけをコンピュータが使用している状態と定義されている。Ubuntuの開発チームは、ACPI電源管理を適切に機能させるために多大な努力をしてきた。現在のUbuntuは、最近追加されたgnome-power-managerパッケージのおかげで、細かい設定なしに簡単に電源管理を行うことができる。

※本稿は、最近出版された書籍からの抜粋である。

copyright 2006 Kyle Rankin, Jonathan Oxer, and Bill Childers. All rights reserved. Used with permission.


 「Dapper Drake」と呼ばれるUbuntu Linuxの最新リリースには、新しいgnome-power-managerパッケージが含まれている。このパッケージは、Windowsのシステムトレイの電源アプレットと同様のACPIスリープを可能にする。ついにLinuxでもスリープが使用できるようになったのだ。gnome-power-managerアプレットは自動的に起動するよう設定されており、GNOMEのパネル通知領域にアイコンが表示される。小さなバッテリーのアイコンを右クリックするとポップアップメニューが表示され、[Suspend]または[Hibernate]、[Preferences]を選択できる。

 これは一見すると単純なアプリケーションに見えるが、実はラップトップのスリープ動作を細かく制御することができる。[Preferences]をクリックすると、[Power Management Preferences]ダイアログボックスが表示される。このダイアログボックスの[Sleep]タブでは、AC電源使用時とバッテリー使用時でそれぞれ異なる動作を設定できる。最も興味深い機能の1つは、マシンの電力状況に応じてラップトップのスクリーンのバックライトの明るさを調節できるというものだ。つまり、バッテリー使用時には自動的にバックライトを暗くすることができ、それによってラップトップの稼働時間を引き伸ばすことが可能になる。

 [Options]タブでは、どの種類のスリープをシステムのデフォルトにするかと、どんなアクションが行われたときにスリープ機構を働かせるかを設定できる。デフォルトのスリープの種類は[Suspend]に設定されており、これはACPIスリープのことである([Hibernate]はまったく異なる種類のスリープ機構であり、詳しくは後述する)。必要であれば、このダイアログボックスの[Actions]セクションで、ラップトップの蓋を閉めたときに自動的にスリープに入るよう設定できる。これは外回りのときに便利な機能である。蓋を閉めて急いで次のアポイント先に行き、そこで蓋を開ければ、何ごともなかったかのようにマシンが使用可能な状態になっているのだ。

 [Advanced]タブでは、通知アイコンの動作を制御できる。バッテリーの充電中または電力消費中のみアイコンを表示したい場合や、アイコンを一切表示したくない場合は、ここで設定を変更する。

 通知アイコンは、AC電源を使用しているときには基本的に表示されない。このアプレットを常に表示したい場合は、AC電源をしばらく抜いておき、アイコンが表示されたら、[Advanced]タブを使用して通知アイコンの設定を変更する。

 すべての設定を行ったら、[Close]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じ、設定内容を保存する。

 これで、スリープモードをテストできる状態になる。AC電源ではなくバッテリーを使用していることを確認し、ラップトップの蓋を閉じて、何が起きるかを確認してみよう。ハードディスクの電源がオフになる音がし、電源ランプが点滅するなどして、電源の状態の変化が示されるはずである。

 マシンが正しくスリープすることを確認したら、次は正しくスリープから復帰できるかどうかを確認してみよう。蓋を開けるだけで、スリープからの復帰処理が始まるはずだ。マシンが使用可能な状態になると、gnome-screensaverからシステムパスワードが要求される。パスワードを入力すると、前回スリープに入ったときとまったく同じ状態が再現されるはずである。

関連キーワード

Leverage OSS | Ubuntu | バッテリー | 電源管理


       1|2 次のページへ

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -