ニュース
» 2006年08月19日 07時44分 公開

「偽物」を区別する指紋認証技術

Futronicの新技術では、人間の本物の指紋を、シリコンやゴムで出来た偽物の指紋と区別することができるという。

[ITmedia]

 シリコン製の指紋を使ってセキュリティゲートをクリア、CIAに侵入――映画やドラマにありがちな場面だが、こうした「偽の指紋」に対処できる生体認証技術が開発された。

 「Live Finger Detection(LFD)」という検知技術で、香港のFutronic Technologyが8月18日に発表した。LFDを搭載したスキャナ表面に指を置くと、スキャナ内部からその指に信号が送信される。指の内側で反射してスキャナに戻ってきた信号が、センサーに検知される仕組みになっている。LFDでは人間の体から戻ってきた信号と、シリコンやゴムなどの人工的な物質からの信号とを区別することが可能。これにより、本物の指紋だけを認証するという。

 この技術は、同社の6製品に対応している。詳細は同社のWebサイトで確認できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -