ニュース
» 2006年08月29日 17時08分 公開

Intel、Wi-Fiドライバ用パッチの不具合を修正

Intelが8月初めに公開したWi-Fiドライバの脆弱性を修正するパッチに不具合が存在。同社は修正版をリリースした。

[Scott Ferguson,eWEEK]
eWEEK

 Intelは、同社の「ProSet」ソフトウェアのバージョン10.5に関連した欠陥を修正するアップデートを発行する。このソフトウェアは、PCに組み込まれた同社のワイヤレスシステムのドライバに付属する。

 Intelの広報担当者によると、この問題は、同ソフトウェアが利用するプロセスの1つがファイルハンドルを正しく解放しないというもので、その結果、大量のメモリが消費され、アプリケーションの動作が遅くなるという。

 この問題に対する修正は、8月25日までに同社のWebサイトに掲載される。

 Intelは8月2日、Centrinoチップ用バンドルソフトウェアの定期アップデートを発行し、3つのセキュリティ脆弱性に対するパッチを提供した

 3つの中で最も深刻な脆弱性は、攻撃者がリモートからノートPC上でコードを実行することを可能にするというもの。

 8月2日のアップデートでセキュリティ問題は修正されたものの、今度はPCの速度低下につながる欠陥を引き起こすことになった。

 この問題については、幾つかのセキュリティ関連サイトやブログ上で話題になった。

 Intelの広報担当のアミー・マーティン氏は、「この問題はアップデートの発行後に見つかった。現在、修正作業を進めている」と述べている。

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -