ニュース
» 2006年09月25日 16時44分 公開

日本CA、日本版SOX法にも柔軟に対応するアクセス管理ソフト

日本CAは、アクセス権管理ソフトの最新版「eTrust Access Control r8.0 SP1」を発表した。

[ITmedia]

 日本CAは9月21日、アクセス権管理ソフトの最新版「eTrust Access Control r8.0 SP1」を発表した。

 同製品は、サーバ上のファイル、プログラムなどといったリソースに対し「誰が、何に、いつ、どのようにアクセスできるか」といった観点で、アクセスポリシーを設定・管理できるソフト。マルチプラットフォーム環境に対応し、一元管理が可能なため、内部セキュリティに掛かるコストと作業を軽減する。

 詳細なアクセスログを取得でき、不正の疑いのあるユーザーの行動を監視して、不正アクセスや情報漏えいの防止につなげることができる。マルチプラットフォーム環境を一元管理できるため、内部セキュリティに掛かるコストと作業を軽減する。

 日本CAでは、日本版SOX法や個人情報保護法などで、企業や組織内の情報管理のあり方が問われているが、その基本はユーザーのアクセス管理と行動を管理する点にあるとしている。

 参考価格は52万4000円から。9月25日からの出荷となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ