ニュース
» 2006年10月11日 07時00分 公開

独禁法対策も兼ねたGoogle対抗の新サービスとは

各種Windows Liveクライアントおよびサービスを一括ダウンロードできる「Windows Live Essentials」のβ版と、検索サービスの「Live Search」(Windows Live Searchから名称変更)の正式版の提供が開始された。Essentialsは、対Googleの新戦略としてだけではなく、独禁法訴訟対策としても有効かもしれない。

[Matt Rosoff,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 複数のWindows Liveクライアントおよびサービスのダウンロードと管理を一元的に実行できる新サービス「Windows Live Essentials」のβテストが現在実施されている。同サービスは、特にGoogleなど、ほかのオンラインサービスプロバイダとOEM間で結ばれたバンドル契約に対抗するための武器となり得る。また、Microsoftのインターネット検索サイトのβテストが終了し、正式版がリリースされた。これに合わせて名称が変更されたが、基盤となるテクノロジーの変更はない。

Windows Liveソフトウェアの一括ダウンロードが可能な「Windows Live Essentials」

 Windows Live Essentialsは、Windows Liveの各種ソフトウェアをダウンロードできるWebサイトで、2006年9月に公開βテストが開始されている。同サイトでは、ダウンロードするソフトウェアを一度に複数指定することができ、ダウンロードしたいクライアントソフトウェアのチェックボックスを選択すると、それらがすべて順次ダウンロードおよびインストールされる。

 β公開時点で提供されているクライアントは、Windows Live Mail Desktop(WebメールおよびPOP3メールの複数のアカウントをまとめて管理できる電子メールクライアント)およびWindows Live Messenger (インスタントメッセージング、音声通話、ビデオ通話を可能にするコンシューマー向けクライアント)のみである。Windows Live Mail(Webメールサービス)およびWindows Live Spaces(ブログおよびソーシャルネットワークサービス)のチェックボックスも表示されるが、これらのボックスを選択した場合は、それぞれのホームページに移動し、メールアカウントまたはSpacesブログをセットアップできるようになっている。

 Windows Live Essentialsでは、Windows Live Toolbarも間もなく提供される予定だ。Windows Live Toolbarは、Windows Liveの各種サービスへのリンクも含め、Internet Explorerに機能を追加するアドオンである。また、ローカルとネットワーク、インターネットを同時に検索できる検索クライアント「Windows Live Search for the Desktop」(仮称)や、ブログ記事を作成および投稿するためのWYSIWYG(What-You-See-Is-What-You-Get)ツール「Windows Live Writer」など、そのほかのソフトウェアも提供される可能性がある。

 また、Microsoft Updateを通じたWindows Liveソフトウェアの管理を可能にするユーティリティや、ソフトウェアの更新プログラムの公開をユーザーに通知するWindows Live Dashboard(今後リリース予定)も提供される見込みである。

 Windows Live Essentialsは、Microsoftにとって、独占禁止法監督機関からの追求をかわしつつ、Windows Liveの各種ソフトウェアとサービスを配布および普及促進できる有効な手段となり得る。同社がWindows LiveクライアントをVistaや今後提供されるOS製品にバンドルしたり、GoogleとDellがGoogle Pack(Googleのソフトウェアとサードパーティーのソフトウェアを包括したソフトウェアパック)の配布契約を結んだように、MicrosoftがOEMとWindows Liveクライアントの配布契約を結んだ場合、特に欧州では独占禁止法訴訟が起こされるのはほぼ確実である。Essentialsの配布方法の詳細については発表されていないが、Internet Explorer 7の既定のホームページの1つとなるか、Vistaの起動時に最初に既定で表示されるWindowsの“Welcome”画面内に表示されることが考えられる(この“Welcome”画面はOEMによる変更が可能)。

 Windows Live Essentialsのβ版は、Windows XPおよびInternet Explorer 6.xシステムでしか利用でできない。Internet Explorer 7は、10月に開始予定の次のβでサポートされる見込みだ。

「Live Search」の正式版がリリース

 検索サイトのWindows Live Searchはβテストを終了し、正式版が提供されている。またこれに合わせて、名称がLive Search(“Windows”ブランドを削除)に変更された。ただし、Live Searchは前身のMSN Searchとは異なるユーザーインタフェースを備えているものの、基盤となる検索テクノロジーや広告プラットフォームは同じである。

 インタフェースの変更やたび重なる検索精度向上の取り組みにもかかわらず、この1年でMicrosoftの検索サービスのシェアは縮小する傾向にある。comScoreの最新の統計によると、2006年7月のMicrosoftの検索エンジンの米国内でのシェアは、1年前の15%から12.8%に落ち込んでいる。Yahoo!のシェアも縮小しているが、それでも30%前後を維持している。一方、Googleのシェアは約35%から43%を超えるまでに伸びている。また、comScoreの以前の調査では、2006年第2四半期の検索数は全体で前年同期から30%も増加しているが、Microsoftの検索サイトでの検索数は8%しか伸びていない。

 Live Searchのリリースに合わせて、ユーザーによるカスタマイズが可能なホームページ「Live.com」(Live Search機能を大々的にフィーチャーしている)と、地図および地域情報検索サイトの「Live Local Search」も正式版となった。いずれも若干の変更が施されているが、その中で特に目立つ変更としては、Live Local Searchの名称がWindows Live Localから変更されていることと、Live Local SearchとLive Searchの連携が強化されたこと(Live Local SearchからWeb検索が実行できるようになった)、Live Local Searchに個人の電話番号や住所の検索が可能なホワイトページ機能が追加されたことが挙げられる。

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -