ニュース
» 2006年10月17日 14時39分 公開

MS、統合型セキュリティソフト「Windows Live OneCare(v1.5)」のβ版を無償提供

マイクロソフトは、ウイルス/スパイウェア対策と各種PCメンテナンス機能を内包した統合ユーティリティ「Windows Live OneCare (v1.5)」β版を発表、無償での提供を開始した。

[ITmedia]
photo

 マイクロソフトは10月17日、ウイルス/スパイウェア対策と各種PCメンテナンス機能を内包した統合ユーティリティ「Windows Live OneCare (v1.5)」β版を発表、無償提供を開始した。

 Windows Live OneCare (v1.5)は、ウイルス/スパイウェア対策、パーソナルファイアウォールを含むセキュリティ機能を提供する統合型ユーティリティで、そのほかにもバックアップ/復元機能や一時ファイル消去機能「クリーンアッププラス」、デフラグ機能「パフォーマンスプラス」などが利用できる。対応OSはWindows XP(SP2)およびWindows Vista (ビルド 5500以上/ビルド 5600(RC1)を推奨)。

 Windows Live OneCare (v1.5)β版のダウンロードはこちらから。なお、正式版は有償で提供される予定で、提供開始時期と価格は現在未定としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ