ニュース
» 2006年11月07日 17時45分 公開

沖電気、IP-PBXを統合した「CTstage」新製品をハイエンド市場に投入

沖電気は、CTstage発売10周年の節目となるタイミングで、アーキテクチャーを刷新したCTIの新製品を発表した。サーバベースでの扱いやすさにIP-PBXの堅牢性を加え、大規模コンタクトセンターにも対応することができる。

[堀見誠司,ITmedia]

 沖電気工業は11月7日、IPベースのCTIシステム「CTstage 5i」を発表した。製品は2007年1月より出荷される予定。

 CTstage 5iはPCサーバベースのUnPBX(テレフォニーサーバ)と「IPstage」で培ったIP-PBXの技術を統合した製品で、従来製品であるCTstage 4iのIP対応モデルを規模、信頼性の面で強化したもの。500席以上の大規模コンタクトセンターでの導入を狙う。

画像 「導入検討中の潜在ユーザーと、いまだ7割近くいる導入未検討のユーザーの取り込みが課題」と話す小出勝義マルチメディアメッセージカンパニープレジデント(右)と篠塚社長

 CTstage 5iの大きな特徴は、アーキテクチャーを単純化して拡張やカスタマイズを容易にした点。これまで外部調達品だったドライバやFAXなどをソフトウェアベースの自社製品に置き換え、回線ボード、VoIPなどハードウェアで音声処理を行うゲートウェイ部分をサーバから切り離したことで本体の構成をシンプルにした。ゲートウェイを分離したことにより、サーバ自体の冗長化や利用規模に合わせたスケールアウトが容易になる。

 また、沖電気のIPテレフォニーサーバ「SS9100」が持つ障害時の迂回(うかい)機能をゲートウェイ側で装備し、CTstageサーバがシステムダウンした場合でもPBXとして機能させることで着信呼を処理できるようになっている。

 こうしたアーキテクチャーの見直しによって、業務のレベルや規模によって標準モデル、あるいは同社のIP-PBXと連携できるモデルといった、柔軟な構成が可能だ。標準モデルはさらに、CTIに必要最小限の機能に絞ったエントリーモデルや、クライアントPCとの連携部分を省いてIP電話機のみでコールセンターを運用するモデルが用意されている。価格は50席対応モデルで3000万円から。

 製品発表会に臨んだ篠塚勝正取締役社長兼CEOは、「CTSTAGE 1.0発売以来10周年を迎え、CTstage 5iは新しい『OKI』のスタートを飾る製品。2002年から4年連続ナンバーワンのシェアをさらに広げつつ、中国を中心に積極的に海外展開を図っていきたい」と販売への意気込みを語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -