ニュース
» 2006年11月09日 11時28分 公開

SunとUbuntu Linuxが提携拡大

SunのGlassFishをUbuntuとともに配布し、AMD Opteronプロセッサを搭載したSunのx64サーバをUbuntuでサポートする。

[ITmedia]

 Ubuntu Linuxをサポートしている英Canonicalと米Sun Microsystemsが11月8日、提携拡大を発表した。

 提携に基づき、オープンソースのJava Enterprise Edition 5アプリケーションサーバであるGlassFishを、Ubuntuとともに配布する。

 さらに、AMD Opteronプロセッサを搭載したSunのx64サーバをUbuntuでサポートする。UltraSPARCプロセッサを搭載したSun Fire T1000/T2000のサポートは5月に発表済み。今回はこれに加え、Sun Fire X4100/X4200サーバとワークステーションのSun Ultra 20/40を、新たにUbuntuでサポートする。

 これにより、Sunのx64システムでUbuntuの利用が可能になり、Canonicalによる5年間のサポートも提供される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -