ニュース
» 2006年11月20日 20時34分 公開

アライドテレシス、時速300kmでもスムーズなIP接続を可能にするモバイルIPシステム

アライドテレシスは、高速移動下でもスムーズなIP網への接続を可能にするソリューションを展開する。

[ITmedia]

 アライドテレシスは、時速約300kmの高速移動中でもスムーズなIPネットワークへの接続を実現する「モバイルIPソリューション」の受注を開始した。同社ワイヤレス製品の新ブランド「TenQ」シリーズの一部として提供する。

 TenQモバイルIPソリューションは、時速約300kmの高速移動中でも途切れることなく、スムーズなIPネットワークへのアクセスと強固なセキュリティを両立させたワイヤレスシステム。SOHO/企業向けの「エンタープライズ・ワイヤレス・ソリューション」、キャリア/自営通信等向け「パブリック・ワイヤレス・ソリューション」、高速移動体通信用途「モバイルIPソリューション」が提供される。

 モバイルIPは、RFC2002として規定され、移動環境でも同一のIPアドレスで継続的に通信することができる規格。基地局とのパケットベースでのスイッチングと、モバイルルータの認証、鍵交換、IPアドレスの取得、位置登録までを、認証サーバ、ホームエージェント・サーバとクライアント間において各1往復のパケット交換で行う仕組み。

 これにより、高速移動中でもシームレスなIP通信を実現し、不正アクセスや偽基地局による通信の搾取などを防ぐことができる。移動車両同士や工場や倉庫での構内通信、交通機関でのテレマティクスなどでの利用が想定されている。

 製品構成と価格は、モバイルIPベースルータ「AT-TQ5524-22」(税別135万6000円)、モバイルIPモバイルルータ「AT-TQ5528-12」(同149万6000円)、モバイルIPホームエージェント「AT-TQ5671-70」(同500万円)、モバイルIP認証サーバ「AT-TQ5672-70」(同500万円)、モバイルIP管理サーバ「AT-TQ5673-70」(同500万円)となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -