ニュース
» 2005年09月26日 22時20分 公開

独自テクノロジで高パフォーマンスを実現、アライドテレシスのSSL VPN製品

アライドテレシスは、独自技術によって高いパフォーマンスを実現するSSL VPNアプライアンス製品「CentreCOM SSLVPN-Plus」を発表した。

[ITmedia]

 アライドテレシスは9月26日、中堅/中小企業向けのSSL VPNアプライアンス製品「CentreCOM SSLVPN-Plus」を発表した。

 CentreCOM SSLVPN-Plusは、自宅や出先から企業ネットワークへの安全なリモートアクセスを可能にするSSL VPN製品だ。

 特徴は、SSL処理をカーネル側へ配置することでボトルネックを解消した「TSSL(Transparent-SSL)エンジン」、TCPのコネクションをプロキシ処理することで過負荷を防ぐ「ICAA(Intelligent Connection AccelerationArchitecture)」といったテクノロジにより、高いパフォーマンスを実現していること。最大2万同時セッション、89Mbpsのスループットを実現するという。

 また、SSL VPNの弱点とされてきたWebアプリケーション以外のアプリケーションについても対応。クライアント/サーバ型のアプリケーション、FTP、VoIPのように動的なポートを使用するアプリケーションについても利用できる。

 さらに、ユーザーグループごとのアクセスコントロール、接続端末のソフトウェア実装状況に関するポリシー設定なども可能という。

 CentreCOM SSL VPN-Plusの価格は同時接続ユーザー数によって異なり、同時10ユーザーライセンスが59万8000円から。10月3日より出荷を開始する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -