ニュース
» 2006年11月21日 07時39分 公開

IBM、中小企業向けのシングルサインオンソフトを発表

IBM Tivoli Federated Identity Manager Business Gatewayは中小企業向けのシングルサインオンソフトで、企業間の様々なシステムでのオンライン接続を、1つのパスワードで安全に行うことができるという。

[ITmedia]

 米IBMは11月20日、中小企業向けに「IBM Tivoli Federated Identity Manager Business Gateway」を発表した。同社のシングルサインオン(SSO)ソフト「Tivoli Federated Identity Manager」を中小企業向けに簡素化・低価格化したもので、企業間の様々なシステムでのオンライン接続を1つのパスワードで安全に行うことができ、ID管理の強化や業務の効率化に役立つという。

 IBM Tivoli Federated Identity Manager Business Gatewayは、オープンスタンダードを採用。SAMLやWeb Servicesなどの仕様に対応しており、企業間の異なるシステムをまたぐSSO環境を実現できる。アクセスログの記録や追跡、リポート機能も装備している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -