ニュース
» 2006年11月27日 15時06分 公開

SBTとトレンドマイクロが検疫ネットワークで協業

ソフトバンク・テクノロジーとトレンドマイクロは、検疫ネットワークのトータルサービスを提供する。

[ITmedia]

 ソフトバンク・テクノロジーとトレンドマイクロは11月27日、検疫ネットワークサービスで協業すると発表した。ネットワークウイルス対策機器「Trend Micro Network VirusWall 1200」を用いた検疫ネットワークの運用監視サービスを、2006年12月4日から開始する。

 協業内容は、ソフトバンク・テクノロジーがトレンドマイクロのNetwork VirusWall 1200を用い、検疫ネットワークシステムの導入から構築、監視、メンテナンスまでを一貫して提供するもの。ソフトバンク・テクノロジーは、同社の監視センターで端末の遠隔監視や運用を行い、セキュリティポリシーに違反した端末のIPアドレスやコンピュータ名をシステム管理者にメールで通知するサービスや、月次のセキュリティレポートなどを提供する。

 Network VirusWall 1200は、ネットワーク構成を大幅に変更することなく、エージェントレスで検疫ネットワークを構築できる製品。ソフトバンク・テクノロジーが独自開発した監視ツールを用いることで、検疫ネットワーク運用での負荷を軽減し、導入、保守コストを削減できるという。

 サービス費用は、月額18万円(税別)から。別途、初期費用と導入支援費などが必要。初年度の売上目標は3億円で、トレンドマイクロの検疫アプライアンス製品「Trend Micro Network VirusWall Enforcer 2500」(関連記事参照)を利用したサービス展開も検討している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -