ニュース
» 2006年12月01日 16時15分 公開

NECがPLC専門部隊を設置、200億円ビジネスの基盤に

NECはPLC(高速電力線通信)関連のビジネス拡大を目的とした「PLC推進センター」を設置した。

[ITmedia]

 NECは12月1日、PLC事業の推進を目的とする「PLC推進センター」を社内に設置したことを明らかにした。同部門では、グループ全体でのPLCビジネスのソリューションモデル開発や事業化を推進していく。

 総務省の省令改正により10月に屋内利用が可能となったPLC(Power Line Communicaton:高速電力線通信)は、電力線を通信インフラに利用する技術。家庭の新しい通信手段としての利用が中心だが、企業での活用も期待されている。NECではPLC推進センターを、今後5年間で200億円の事業規模に成長させる上で中心的役割を果たす部門として位置づけている。

 PLC推進センターでは今後、高速PLCモデムやPLC組み込み製品の提供、SI事業におけるPLCの活用、およびPLCを活用したサービスソリューション開発の促進に取り組む。人員数は約20人。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -