ニュース
» 2007年01月25日 07時56分 公開

SAP増収増益、新市場開拓に3〜4億ユーロ投資へ

SAPの10〜12月期決算は、売上高は前年同期比7%増、純利益は同29%増となった。また中間市場の新セグメント開拓を目指して3〜4億ユーロを投資する計画を発表した。

[ITmedia]

 独SAPが1月24日発表した第4四半期(10〜12月期)の暫定的決算は、売上高は29億5200万ユーロで前年同期比7%増、純利益は7億9900万ユーロ(1株当たり0.66ユーロ)で同29%増となった。

 ソフトウェア収入は12億6200万ユーロで、同7%増。アジア太平洋地域の伸びは2%、アメリカ地域では横ばいの一方、EMEA(欧州・中東・アフリカ)地域では13%の伸びとなっている。ただし為替変動の影響を差し引くと、アジア太平洋地域が9%増、アメリカ地域が10%増、EMEA地域が14%増だとしている。

 通年では、売上高は94億ユーロで前年比10%増、純利益は19億ユーロ(1株当たり1.52ユーロ)で同25%増だった。SAPによると、中核エンタープライズアプリケーション市場における同社のシェアは、2006年末時点で24%と、前年末から2.8ポイント増加。同社に続く市場2位のベンダーのシェアの2倍以上を維持しているという。

 SAPは2007年以降、8四半期にわたり3億〜4億ユーロを投資して、新分野を開拓することも併せて発表した。「中間市場の、新しい未開発のセグメント」を対象としたもので、この投資により、営業利益率が2006年の27.3%から、26〜27%程度に下がる見通しだという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ