ニュース
» 2007年02月06日 07時24分 公開

HP、Bristol Technology買収でソフトウェア事業を強化

米HPが、Bristol Technologyを買収する。2006年のMercury Interactive買収に続く動きで、同社のビジネス技術最適化分野の強化を図る。

[ITmedia]

 米HPは2月5日、米Bristol Technologyの買収で合意に達したと発表した。買収取引は、約30日以内に完了する見通し。買収金額は非公開。

 Bristol Technologyは、保険金請求プロセスや製品受注、在庫管理などを監視するソフトウェアを提供しており、主に米国や英国の金融機関や保険会社を顧客企業に持つ。

 HPは、2006年に米Mercury Interactiveを買収するなど、ソフトウェア事業の拡充を進めている。Bristolの技術は「Mercury買収を補完するもの」といい、今回の買収でビジネス技術最適化(BTO)分野のさらなる強化を図る狙い。

 買収完了後、Bristol Technologyの事業はHPのソフトウェア事業に統合される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ