ニュース
» 2007年02月13日 15時40分 公開

ソフトバンクテレコム、公衆無線LAN対応の電子ペーパーを開発

ソフトバンクテレコムは、日立製作所と富士通と共同で国内で初めて公衆無線LANに対応した電子ペーパーを開発した。

[ITmedia]

 ソフトバンクテレコムは2月13日、日立製作所および富士通と共同で国内初の公衆無線LAN対応の電子ペーパー端末を開発したと発表した。

 開発した電子ペーパーは、ソフトバンクテレコムの公衆無線LANサービス「BBモバイルポイント」を利用する認証手順と端末本体の認証手順をプログラム化して端末に内蔵したもの。公衆無線LAN経由でのセキュアな電子ペーパー向けコンテンツ配信が可能になる。

イメージ 電子ペーパー端末へのコンテンツ配信システムイメージ図(オレンジ部分が今回の新規開発箇所)

 アクセスポイントへの接続を常時接続ではなく、定期的に接続する仕組みで消費電力を抑制できる。また、接続認証と端末認証の利用で端末不正利用の防止やコンテンツをセキュアに利用できるという。

 これにより、電子ペーパーを掲示板として駅やビルなどに設置し、設置場所に応じたコンテンツを配信できる。また端末を持ち歩き、必要に応じてネットワークから情報を取得したり、端末に保存して閲覧するといった利用が想定されている。

 今後ソフトバンクテレコムでは、フィールド実験も実施してインターネットと連動したサービスの可能性を検証するとともに、新たな機能の開発も進めていくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ