ニュース
» 2007年04月04日 07時38分 公開

Cisco、ロシア向けベンチャーキャピタルプログラムを立ち上げ

ベンチャー投資第1号は、ロシアのオンラインショップOzonとなる。

[ITmedia]

 米Cisco Systemsは4月3日、ロシアを対象としたベンチャーキャピタル投資プログラムを立ち上げると発表した。技術系新興企業に対する直接投資、ならびに地元の技術系ベンチャーキャピタルを経由した間接投資の両方の機会を探るとしている。

 同社はプログラム準備のため、昨年投資担当マネジャーをモスクワに配備した。

 またCiscoは同時に、最初のベンチャー投資先が、ロシアのオンラインショッピングサイトOzonであることを明らかにした。Ozonは書籍、映画、音楽などをオンライン販売している。

 過去10年間で、Ciscoは10億ドル以上をベンチャーキャピタル基金に充てているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -