ニュース
» 2007年04月17日 07時48分 公開

NokiaとSamsung、モバイルTVで提携

NokiaとSamsung Electronicsが、DVB-H対応の携帯端末やネットワークサービスでの互換性実現へ向けた提携を発表した。

[ITmedia]

 韓国Samsung ElectronicsとフィンランドNokiaは4月16日、モバイルTV事業での提携を発表した。両社は、携帯電話向けのデジタル放送規格DVB-H対応の携帯端末を、オープンスタンダードに基づくNokiaのネットワークサービスシステムに対応させ、互換性を実現するとしている。

 両社は、サービスの試験運用を行う通信事業者のために、OMA BCAST標準をサポートする。OMA BCASTはDVB-Hを実現する標準の1つ。Samsungは既にCBMS OSF標準に基づいた端末を発売しているが、今回、OMA BCASTベースの端末も開発すると表明した。

 DVB-Hは、デジタル技術の中でも、高画質と低消費電力が特徴で、通話中やインターネット利用中も、並行して放送の受信が可能。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -