ニュース
» 2007年04月28日 17時00分 公開

Windows Mobile 6の気になる実力――強みはやはり電子メール?(2/3 ページ)

[Peter Pawlak,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 Standardデバイスのユーザーは、Officeドキュメントを新規作成する場合は面倒な操作をしなければならない。また、Office Mobileは、Office 2007の新しいXMLベースのファイル形式をまだサポートしておらず、扱える受信ファイルはOffice 2007より前の形式のものに限られる(Microsoftは2007年夏に、Office 2007のXMLファイル形式のサポートを追加するダウンロード可能な更新プログラムをリリースする見込みだ)。

強化された検索
 Windows Mobile 5とともに提供されているOutlook Mobileは、メッセージ検索機能を備えておらず、メッセージを探す場合、ユーザーはデバイスに同期されているすべてのメッセージを手作業で調べなければならない(記憶容量の制限から、ユーザーは一般に、メッセージのごく一部だけをデバイスに保存しており、最新の2週間分を保存しているケースが多い)。

 Windows Mobile 6では、連絡先アイテムを検索する場合と同様に、検索ボックスに文字を1文字入力するたびに、メールボックス内のキャッシュされているメッセージの中から、該当する候補が絞り込まれて表示されていく。

 また、Exchange 2007サーバと同期している場合には、ユーザーは、デバイスにキャッシュされているアイテムだけでなく、Exchangeのメールボックス全体を検索できる。見つかったアイテムをマークしてダウンロードを指定すると、ActiveSyncが瞬時にExchangeサーバからそれらをバックグラウンドで取得する。

改善された予定表のサポート
 Exchange 2003とWindows Mobile 5デバイスでは、ユーザーは会議を予約したり、会議出席依頼に簡単に返信したりすることができない。Exchange 2007とWindows Mobile 6携帯電話では、ユーザーは会議出席依頼に簡単に返信できる。ただ、これらの携帯電話には、会議を設定するためのインタフェースは用意されていない。また、ユーザーは自分の携帯電話から、オフィス不在時の自動返信を有効にすることができる。この機能はWindows Mobile 5デバイスでは提供されていない。

メッセージ操作のショートカット
 Windows Mobile 6では、9つの電子メール操作をそれぞれ1つの文字または数字キーを押すことで行える。例えば、メッセージを選択して「1」または「A」キーを押すと、全員に返信できる。

Mobile版IEのAjaxサポートやストレージ保護も

 Windows Mobile 6デバイスのユーザーは、これらの強化された電子メール機能に加えて、以下のような機能の恩恵も受ける。

強化されたInternet Explorer(IE)
 IEのWindows Mobile版では、基本的なAjax(Asynchronous JavaScript and XML)アプリケーションの実行に必要なXMLとJavaScriptのサポートが追加され、ユーザーは、IE 6.0にしか対応していないWebサイトを利用できる。また、パフォーマンスの向上により、表示が高速化されている。

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ