ニュース
» 2007年06月12日 09時23分 公開

世界ストレージソフト市場、引き続き拡大基調――14四半期連続の伸び

1〜3月期の世界のストレージソフト販売額は、前年同期比11.4%増の27億ドル。企業別では引き続きEMCが首位に立っている。

[ITmedia]

 調査会社の米IDCは6月11日、世界ストレージソフトウェア販売額の統計を発表した。第1四半期の販売額は27億ドルで、前年同期比11.4%増。14四半期連続で前年比プラス成長となった。

 IDCによると、アーカイブやレプリケーション、ファイルシステム関連のソフトウェアが伸びており、ストレージソフト市場の拡大をけん引している。また、ストレージ管理ソフトの需要も伸びているという。

 企業別販売額の首位はEMCで、第1四半期に6億7400万ドルを売り上げ、シェア25.1%を獲得した。以下、Symantec(17.7%)、IBM(12.3%)、Network Appliance(10.0%)と続き、5位にはHPとCAがシェア4.4%で並んだ。

関連キーワード

CA | EMC | HP | IBM | ストレージ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -