特集
» 2007年06月14日 01時54分 公開

Leverage OSS:RevisorによるFedoraのカスタムインストールイメージ作成 (1/2)

最小限の労力でGNU/Linuxディストリビューションを自分だけの仕様にカスタマイズできるとしたらどうだろう。Fedora 7ユーザーの場合、Revisorのおかげで、今やそうした夢が現実になっている。

[Bruce-Byfield,ITmedia]
SourceForge.JP Magazine

 最小限の労力でGNU/Linuxディストリビューションを自分だけの仕様にカスタマイズできるとしたらどうだろう。Fedora 7ユーザーの場合、Fedoraのカスタムインストールイメージを構築するグラフィカルインタフェースRevisorのおかげで、今やそうした夢が現実になっている。

 GNOMEのウィザード形式を取るRevisorは、理想に近いデスクトップツールといえる。経験の浅いユーザーは裏で何が行われているかをあまり知らなくてもデフォルト設定を利用でき、経験を積んだユーザーは.ISOの作成に関する項目を逐一カスタマイズできる。

 Revisorを開発したFedora UnityプロジェクトのWebサイトによると、同プロジェクトは「関心を持った仲間たち」の集まりで「最善のコンテンツによってコミュニティーを掌握する方法を見いだすこと」を目的としているという。これまで、Fedora Unityプロジェクトの関心は「リスピン(re-spin)」と呼ばれるカスタマイズされたインストールイメージをリリースすることにあった。もともとこうしたリスピンは、主として正式なFedoraイメージのアップデートとしてスクリプトを使って作られていた。しかし、Pungi、Kadischi、 Pilgrimといったツールがリリースされ、Fedora Unityが同プロジェクトのリスピンに対して行うカスタマイズの度合いは、ますます深まりつつある。Fedora Boardの会長Max Spevack氏によると、正式なFedora 7のイメージ作成に用いるツールをすべてフリーソフトウェアとするとの同理事会の決定がFedora Unityの活動を後押ししたという。

 Fedora 7のフロントエンドとしてRevisorを、バックグラウンドで前述のイメージ構築ツールをそれぞれ実行することで、今では自分にぴったりのインストールイメージを簡単に構築できる。Revisorでは、どのソフトウェアを含めるかの厳密な選択が行える。例えば、GNOMEやKDEを外してXfceだけを収録したイメージを構築することが可能だ。古いマシン用に最小インストール構成を用意したり、容量を抑えるために複数のディストリビューションやバージョンを1つにまとめたりすることもできる。セキュリティを考慮して、自分でパッケージを1つずつ選べるインストール環境も作れる。カスタムリポジトリの指定や、USBドライブの容量に応じたカスタムイメージの構築も可能である。また、Revisorで構築したインストールイメージでは、複製システムのインストールの実行がKickstart使用時ほど面倒にならない。このように、Revisorの用途は幅広い。

関連キーワード

Fedora | カスタマイズ | Linux | Red Hat | Leverage OSS


       1|2 次のページへ

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ