ニュース
» 2007年06月14日 08時39分 公開

IBMとNortel、中小企業向け統合コミュニケーションを提供

中小企業を対象に、簡単かつコスト効率のよい統合コミュニケーションを提供する計画を発表した。

[ITmedia]

 米IBMとカナダNortelは6月12日、中小企業を対象とした統合コミュニケーションソリューション「Nortel-IBM System i Unified Communications」を発表した。IBMの統合ビジネスサーバSystem i、企業向けIMのIBM Lotus Sametimeと、NortelのVoIPおよびマルチメディア技術を統合、単一システム上で動作するようにしたもの。

 例えばLotus Sametimeユーザーは、Nortelの電話システムを誰が利用しているかが、コンタクトリストをチェックすることで分かる。またclick-to-callやclick-to-conference機能を使うと、System i上のNortelテレフォニーシステム経由で、選んだコンタクト先と即座につながることができる。

 コールルーティング、ボイスメール、統合メッセージングなどのIP-PBX機能に加え、将来的には一部のメールクライアントも統合する計画という。

 Nortel-IBM System i Unified CommunicationsはNortelおよびIBMソリューション販売店経由で、第4四半期(10〜12月期)から提供される予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ