ニュース
» 2007年06月26日 16時48分 公開

リモートアクセス時のスピードを5倍に高速化、KDDI

KDDIはリモートアクセス時のデータ送受信時間を5倍に高速化したCPAデータ快速オプションを提供する。

[ITmedia]

 KDDIは、ファイルやWebなどデータ送受信時間を最大で5倍に高めるリモートアクセスサービス「CPAデータ快速オプション」を8月中旬から提供する。

サービス概要

 CPAデータ快速オプションは、KDDIの法人向けリモートアクセスサービス「CPA(cdma Packet Access)」のオプションプラン。プロトコルの最適化やデータ圧縮などにより、Webアクセスやファイルの送受信に要する時間を最大で5分の1に圧縮することができる。

 これにより、外出先から社内システムなどへアクセス性が向上し、社外での業務が効率的に行える。CPAサービスのユーザーは快速オプションを申し込み、PCに専用ソフトをインストールして利用できる。

 月額利用料は無料。別途、初期費用5250円が必要となる。

関連キーワード

KDDI | 無料


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -