ニュース
» 2007年07月03日 15時53分 公開

インフォテリア、XQueryの技術教育メニューを開始

インフォテリアは、同社認定教育のメニューに「XQueryによるXMLデータベースの操作」コースを追加、10月から開始する。

[ITmedia]

 インフォテリアは7月3日、同社認定教育のメニューに「XQueryによるXMLデータベースの操作」コースを追加したと発表した。インフォテリア認定教育センターで10月より開始する。

 XQueryは2007年1月にW3C(WWW Consortium)によって勧告された、XMLデータの照会やXML文書を作成するための問い合わせ言語。XMLデータベースの普及に伴い、XQuery技術者の不足が問題となる中、同社が技術者支援に向けた教育を展開する。

 新コースでは、XQueryの総合演習やXMLデータベースの構築など、XQueryを実務で利用するのに必要な内容に関する講習と実習が行われる。12月より実施予定の技術者認定試験「XMLマスター:プロフェッショナル」の資格取得にも対応する。

 講習費用は10万5000円で期間は2日間。受講対象は、XMLデータベースの設計/操作を行う人やXMLデータベースのサポート業務に携わる人となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -