ニュース
» 2007年07月05日 11時45分 公開

攻めのサイクルで汚名返上? 次期SQL“Katmai”の期待と不安 (1/2)

SQL Serverの次のメジャーリリース“Katmai”(コード名)では、拡張性の強化と新しいデータ型のサポートが予定されている。ただし、プレビュー期間が短縮されるため、製品版リリース時の品質について不安も生まれている。

[Chris Alliegro,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 データベース管理プラットフォーム製品「SQL Server」の次のメジャーリリース“Katmai”(コード名)では、拡張性が強化され、新しいデータ型がサポートされる予定だ。Katmaiで提供される新機能は、増え続ける企業データを管理し、新しい種類のSQL Serverベースのアプリケーションを構築する上で役立つだろう。また、パートナーのSoftArtisansから買収したツールも組み込まれる予定だ。このツールは、詳しい技術的な知識がないユーザーでも、WordやExcelからSQL Serverレポートの操作を可能にする。Katmaiの最終リリースは2008年の予定であるが、テクニカルプレビューが2007年の第3四半期と、かなり厳しいスケジュールになりそうだ。

拡張性、LINQ、新しいデータ型のサポートが柱に

 SQL ServerはMicrosoftのデータベース管理システムおよびビジネスインテリジェンス(BI)プラットフォームで、2005年11月にリリースされたSQL Server 2005が現在の最新版である。最大のライバルはOracleとIBMだ。このSQL Serverの次のメジャーバージョンが2008年にリリースされる予定であることが、2007年5月に開催されたMicrosoftビジネスインテリジェンス会議において発表された。

 同会議ではKatmaiの機能について詳細は発表されなかったが、幾つかの主要なテーマが紹介された。これらは基本的に、SQL Server 7以来掲げられているテーマを引き継いでいる。すなわち、大規模かつ最も複雑なデータベースアプリケーションのプラットフォーム市場におけるOracleとIBMのシェアを奪うこと、サポートできるアプリケーションの種類を拡大すること、SQL Server BIの導入数および範囲を広げることだ。

 Katmaiの新機能が目指す方向性は、次のとおりである。

パフォーマンスと管理性の向上 大規模なデータベースおよびテーブルのパフォーマンスと管理性を改善する。レポート機能やリソース管理ユーティリティを強化し、パフォーマンスのボトルネックを特定したり、SQL Serverによるワークロード(アプリケーションクエリやストアドプロシージャなど)の優先順位付けの制御をより柔軟に行えるようにする。また、ポリシーを用いてデータベースを管理することで、管理作業用に多数のスクリプトを作成する必要性をなくす。例えば、管理者が一元的にバックアップポリシーを作成し、これを多数のデータベースサーバへ一律に適用するなどだ。

新しいデータ型のサポート 特筆すべきは、地図アプリケーションで使用されるものなど一般的な空間データ型をネイティブで格納できるようにすることだ。例えば、ポリゴンデータ型では、選挙区の境界を示す一連のポイントを格納できる。このようなデータをネイティブ形式で格納・管理できれば、不動産情報Webサイトや車両追跡アプリケーションなど場所ベースのアプリケーションのデータベースプラットフォームとしてSQL Serverを導入しやすくなるだろう。SQL Serverのデータベース管理ツールの全コンポーネントを使用して空間データを管理できるため、カスタムのデータベースやある用途専用のデータベースを使用する必要がなくなる。

       1|2 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -