ニュース
» 2007年07月12日 17時35分 公開

ローランドがインフラ再構築 NetScreenを統合セキュリティ装置へリプレース

ローランドは、ジュニパーネットワークスのNetScreenをSSGへと置き換え、ネットワークのセキュリティ強化を図った。

[ITmedia]

 ジュニパーネットワークスは7月12日、電子楽器メーカーのローランドがファイアウォールとして統合セキュリティ製品「Secure Service Gateway(SSG)500」シリーズを導入したと発表した。ローランドはネットワークインフラの再構築に当たり、従来導入していたジュニパーのファイアウォールアプライアンス「NetScreen」を置き換えた。新しいネットワークは1月よりカットオーバーしている

 ローランドでは、インターネット公開用サーバを置くDMZ、子会社やグループ会社向けの共有サーバを置くネットワーク、社内ネットワークの各セグメントを分けるファイアウォールとしてNetScreenを10台以上利用していた。

 今回、同社は全社規模でネットワークインフラを再構築するに当たりネットワーク構成を見直し、これまでのファイアウォール構成をインターネットとDMZ/内部セグメントを中継するセグメントを隔てる外部ファイアウォール、共有サーバと社内ネットワークを隔てる内部ファイアウォールの二重構成に変更。外部用に「SSG 520」、内部用に「SSG 550」をそれぞれ新たに採用した。

 SSGシリーズは、ファイアウォール/VPN、IPS(不正侵入防御)機能とWANルーティングの機能を併せ持つ中〜大規模サイト向けセキュリティアプライアンス。ローランドでは機器選定の理由として、SSGがNetScreenよりもパフォーマンスが優れている点を挙げている。また、SSGがNetScreenと共通のOSを搭載し、管理インタフェースが統一されているため、運用の負荷を軽減できたとしている。ローランドでは今後、SSGをVPN装置としても利用する予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -