ニュース
» 2007年07月19日 20時54分 公開

情報漏えい防止機能を強化したメールアーカイブ装置――NECソフト

NECソフトは、メール監査や個人情報検査が可能なメールアーカイブアプライアンスの新バージョンを発表した。

[ITmedia]

 NECソフトは、電子メールのアーカイブ専用アプライアンスの新版「AddPoint/MailWallServer V5.0」を8月1日より販売開始する。情報漏えいを防ぐメール監査などのフィルタリング機能を強化した。

 AddPoint/MailWallServerは、メールサーバが送受信するメールデータを添付ファイルを含めてアーカイブしたり、送信前のメールの内容をチェックした上でフィルタリングしたりするアプライアンス製品。メールフィルタにキヤノンシステムソリューションズの「GUARDIANWALL」を採用する。

 最新版ではアーカイブメールの監査機能に加え、個人情報検査機能を新たに実装した。送信前のメールに含まれる住所、氏名、電話番号、クレジットカード番号など個人情報とみられる内容を検知、メールの保留や削除を行うことで外部への流出を防ぐことができる。また、フィルタリングを行うサーバとデータ管理/検索を行うサーバを別々の筐体に分けることで、全文検索を可能にした。そのほか、デュアルコアCPUの採用、メールデータを保存する搭載HDDの大容量化(最大1.5Tバイト)、電源の冗長化など、ハードウェアのスペックも強化している。

 AddPoint/MailWallServerの価格は、1台50ユーザーのモデルで382万円(税抜き)から。同社は1年間で50セット、2億円の売り上げを見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -