ニュース
» 2007年07月25日 08時51分 公開

IBMとフロリダ大学、「インタラクティブヘルスケア」技術を共同開発

IBMとフロリダ大学が開発した新技術は、患者が測定した血圧値などを自宅から病院に自動送信できる。

[ITmedia]

 米IBMと米フロリダ大学が、通院患者の血圧などのデータを医療機関に自動送信する技術を共同で開発中だ。IBMが7月24日、明らかにした。この新技術は、EclipseやOSGiなどのオープン技術を活用。特定の相手に記録データを自動送信する「スマートデバイス」を実現する技術で、この技術を使えば患者は自宅から、測定した血圧値などを病院に送信できるという。

 IBMとフロリダ大学は、この技術を利用したヘルスケアサービスのプロトタイプを、同大学内の「Gator Tech Smart House」内に設置した。このサービスでは、例えば糖尿病患者はスマートデバイスを使って血圧や血糖値を測ると、それが病院や研究室、医者などが必要とするデータに変換され、自動送信される。データはWebベースでアクセス可能。データの継続的な監視により、急な血圧上昇といった不規則なデータを認識できるほか、患者の運動量など、ほかのデータと組み合わせた利用も可能。

 IBMとフロリダ大学では、この技術は、企業が顧客のニーズをリアルタイムにとらえるために役立てることも可能とみており、流通業界など、さまざまな業界に応用できるとしている。

関連キーワード

IBM


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -