ニュース
» 2007年07月25日 22時38分 公開

アルカテル・ルーセント、大規模IP網の信頼を高めるIP/MPLS管理ツールを発売

日本アルカテル・ルーセントは、大規模IP網でのルーティングを監視するIP/MPLS統合管理ツールを通信事業者向けに発売する。

[ITmedia]

 日本アルカテル・ルーセントは7月25日、大規模IPネットワーク網でのルーティング品質の向上を目的としたIP/MPLS統合管理ツール「5650 Control Plane Assurance Manager(CPAM)」を8月から発売すると発表した。

 固定や移動体の通信事業者では、次世代ネットワーク(NGN)の構築に向けてネットワークのIP化を進めているが、ルーティング構成の誤りやルーティングを監視・検証するためのツールの不足が原因となってサービス障害のリスクが高まっているほか、専門知識を持った人材も不足していることが課題になっている。

 5650 CPAMは、IPネットワークのルーティングを監視することにより、サービス障害リスクの解消や効率的な監視体制を実現するネットワーク統合管理ツール。ルーティング状態をリアルタイムに可視化する「7701 CPAA」をネットワーク内に配置することで、5650 CPAMはネットワークの複雑な構成情報やルータ間のイベントを記録し、リンクやルータの異常によるネットワーク状態の遷移を把握することができるという。

 5650 CPAMとネットワーク管理ソリューション「5620 SAM」を連携させることで、ルーティングの構成を検証するとともにサービスやMPLS(Multi-Protocol Label Switching)インフラの拡張に伴うトラブルシューティングの負担を解消できるとしている。

関連キーワード

人材 | 次世代 | NGN | ルータ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -