ニュース
» 2007年07月26日 10時32分 公開

アルバの無線LANスイッチにXSSの脆弱性

アルバネットワークスの無線コントローラの管理システムにクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が見つかった。

[ITmedia]

 無線LANベンダーのアルバネットワークス(Aruba Networks)の無線LANコントローラ「Aruba Mobility Controller」の管理インタフェースにクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が見つかった。情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターおよびJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月25日にJVNにおいて情報を公開、修正パッチの適用を呼びかけている。

画像 Aruba Mobility Controller

 Mobility Controllerはアクセスポイントを管理したり無線トラフィックを制御したりする装置。システム管理にはWebインタフェースを利用している。この管理用のログインページを出力する際の処理に問題があり、任意のスクリプトが埋め込まれる可能性がある。ユーザーが悪意のあるWebサーバから誘導ページを介してMobility Controllerにアクセスすると、ユーザーのWebブラウザ上で意図しないスクリプトを実行される恐れがあるという。

画像 Aruba Mobility ControllerのXSS脆弱性(IPAより)

 IPAなどはMobility Controllerのユーザーは修正パッチの早急な適用を勧めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -