ニュース
» 2007年07月26日 18時06分 公開

国家プロジェクトに採択、OKIとリクルートが次世代型検索サービスを開発

OKIとリクルートは、ユーザーが必要としている検索キーワードや情報を引き出す「ラダリング型検索サービス」を共同開発する。

[ITmedia]

 沖電気工業(OKI)とリクルートは7月26日、インターネットの検索利用者が本当に必要としている検索キーワードや情報を引き出す「ラダリング型検索サービス」を共同開発すると発表した。

 インターネット上ではさまざまな情報が増え、必要とする情報を従来のキーワード型検索で探し出すのは簡単ではない。ラダリング型検索サービスは、システムがユーザーに掘り下げた質問を繰り返し、ユーザーが本当に調べたいことや考え方をキーワードとして引き出し、合致する情報を探し出すもの。これによりシステムはユーザーが考えもつかなかったような表現を引き出せるという。

 今後OKIはユーザーとテキストで対話しながらキーワードを引き出し、検索対象と結びつける「ラダリング対話エンジン」を開発する。リクルートはユーザーの隠れたニーズを引き出す必要がある転職者向けの職業紹介を使って実証実験を行い、ラダリング手法の精度を測定する。

 なお、同サービスは経済産業省の2007年度国家プロジェクト「情報大航海プロジェクト」に次世代検索・解析技術のモデルとして採択された。

関連キーワード

転職 | 次世代 | リクルート | 検索


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -