ニュース
» 2007年07月27日 18時42分 公開

「1枚のWord文書ならわずか数秒」 スカイコムがPDF製品を発売

スカイコムは、自治体や企業向けにPDFをサーバ上で高速に作成する「SkyPDF Web Server」を発売した。

[藤村能光,ITmedia]

 スカイコムは7月27日、自治体や企業向けにPDFをサーバ上で高速に作成する「SkyPDF Web Server」を発売した。

 「社会保険庁の年金記録の不備などが問題となる中、自治体や企業でビジネス文書の電子化のニーズが高まっている。Adobe Acrobatは主にデザインなどに対応したPDFツールなのに対し、SkyPDF Web Serverは企業のユーザーがPDFを作成するためのビジネスツールだ」。スカイコム代表取締役社長の荒武捷二氏は新製品について、ビジネス上での運用に力を入れていると説明した。

image 「SkyPDF Web Serverは、企業でのPDF作成を速く、簡単にする」と荒武氏

 SkyPDF Web Serverはサーバ上でPDFを作成する製品。Adobe Acrobat 8 Elementsと比べて2〜10倍の速さで作成できる。約40KバイトのWord文書1枚からPDFを作成するのにわずか数秒しかかからない。

 操作や管理が簡単にできるのも特徴だ。ユーザーはWebブラウザからファイルを選び、PDF変換ボタンをクリックするだけで、PDFを自動で作成できる。またサーバに障害が起きた場合、自動的に再起動する復旧機能に加え、印刷や文書変更などの許可は管理画面からワンクリックでできる。

 変換する文書ファイルは、Word 2003、Excel 2003、PowerPoint 2003、Visio 2003と、一太郎 2007、富士ゼロックスの「DocuWorks 6.0」。PDFの変換には、サーバ側にMicrosoft OfficeやDocuWorksなどのソフトウエアをインストールする必要がある。Office 2007には対応していない。クライアント側は、Internet Explorer 5.5 SP2以降のWebブラウザと、SkyPDF Viewer 1.5以降、もしくはAcrobat Reader5以降のPDFファイル閲覧ソフトが必要。

 現在のバージョンでは、PDFの生成と圧縮のみが可能だが、今後はイメージファイルやJIS2004、Webページ、Office 2007を含め、PDF作成機能を拡張させるという。

 価格は、1CPU当たり300万円(税別)。ASPで導入する場合、契約期間は1年からで、導入価格は50万円(税別)、月額利用サービス料金が13万円(税別)となる。2008年3月までに3億円の売り上げを目指す。

関連キーワード

Acrobat | ASP | 自治体 | 年金 | PDF


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -