ニュース
» 2007年09月03日 16時26分 公開

ほとんどのユーザーがPCとネット利用に不安感――トレンドマイクロ調べ

トレンドマイクロが一般のネットユーザーを対象にした調査リポートを発表。迷惑行為を経験したユーザーが8割に達した。

[ITmedia]

 「8割のインターネットユーザーが、ネット利用中に迷惑行為に遭った経験がある」――トレンドマイクロが9月3日に発表した「インターネットの利用動向」調査結果において迷惑行為に関する実態が明らかになった。

 同社は18歳以上の一般ユーザーを対象に8月6日〜8日の期間にオンラインアンケートを実施、1000名から回答を得た。

 調査によると、回答者の82%がネット利用時に迷惑行為を経験している。その内訳は、「望まないポップアップメッセージや大量の広告が表示される」(30.6%)を筆頭に、「大量の迷惑メールを受け取った」(26.6%)、「訪問したWebサイトから知らないプログラムがダウンロードされそうになった(ダウンロードされた)」(12.4%)となっている。

画像 インターネット利用中に経験した迷惑行為(トレンドマイクロより)

 また、「ネットやPCの利用時に不安を感じている」と答えたユーザーは全体の98%にも上った。不安の内容としては、「知らないうちにウイルスやスパイウェアに感染してしまうのではないか」(25%)、「ネットショッピングなどで自分のクレジットカード番号や口座番号を入力するのが不安」(22.8%)、「PCに不具合が生じて写真やメールなどの大切な情報を失ってしまうのではないか」(18.7%)などとなっている。

画像 インターネット/PC利用に対して感じる不安(トレンドマイクロより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ