ニュース
» 2007年09月18日 15時04分 公開

日本HP、SSOソフトウェアの新製品を発表

日本HPは、異なる認証システム間における連携ID管理を行うソフトウェア「HP Select Federation 7.0」などを発表した。

[ITmedia]

 日本HPは9月18日、異なる認証システム間における連携アイデンティティ(ID)管理を行うソフトウェアの新バージョン「HP Select Federation 7.0」を発表した。また、同社のID管理ソフトウェア製品群を「HP Identity Center」と定義し、既存製品のパッケージ提供を開始する。

 同製品は、「HP Select Federation」シリーズの最新バージョン。各ユーザーが1つのID・パスワードで必要なシステムを利用できるシングルサインオン(SSO)を導入しており、複数の異なるシステムにアクセスする際に、その都度ログイン認証する手間を省くのが特徴だという。なお、今回新たに以下の機能が追加された。

  • 連携先の使用する認証連携プロトコルの方式に関係なく、さまざまな連携を実現。
  • 「CardSpace」や「ID-WSF2.0」など、最新のID情報管理プロトコルへの対応を強化。
  • 「Oracle Identity Federation」や「Windows Kerberos」など、他社の提供する認証システムへの連携範囲を拡張。
  • OASISによるプロビジョニング情報交換仕様SPMLに準拠。ユーザーアクセス権などのリソース情報を交換・管理することで、設定に要する時間を短縮。

 また、今回定義されたHP Identity Centerは、ユーザーID・パスワードの発行と削除などを統合管理する「Select Identity」、アクセス管理を行う「Select Access」、監査のためのID関連ログを収集する「Select Audit」、そしてSelect Federationという4つのソフトウェアで構成されている。

 今回パッケージ提供されるのは、Select IdentityとSelect Auditを組み合わせユーザーを管理、監査できる「ユーザー・プロビジョニングキット」、Select AccessとSelect Federationを組み合わせWeb認証を行う「Webアクセス管理・認証連携キット」である。

 価格は、HP Select Federation 7.0が92万8000円から。また、それぞれ5000ユーザー利用で、ユーザー・プロビジョニング管理キットは1856万4000円から、Webアクセス管理・認証連携キットは1670万7000円から。9月18日から順次出荷する。

関連キーワード

HP | 認証 | ID管理


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ