ニュース
» 2007年09月20日 08時54分 公開

VMware Workstationの脆弱性修正、日本語にも対応

仮想マシン「VMware Workstation 6.0.1」では複数の脆弱性が修正された。

[ITmedia]

 VMwareは9月18日、仮想化ソフトのアップデート版となる「VMware Workstation 6.0.1」をリリースし、複数の脆弱性に対処した。

 脆弱性は、VMware DHCPサーバやライブラリファイルなどに関連して複数存在し、悪用されると攻撃者が任意のファイルを上書きしたり、権限昇格、DoS(サービス妨害)攻撃の誘発、任意のコード実行などが可能になる。

 バージョン6.0.1では、これらの脆弱性修正やOSサポート強化などの新機能に加え、日本語版への対応も盛り込まれた。ただ、現時点でテクニカルサポートは英語での提供となる。

 US-CERTはセキュリティ上のリスクを回避するため、6.0.1にアップデートするよう促している。

関連キーワード

VMware | 仮想化


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ