連載
» 2007年09月20日 17時09分 公開

東京造形大学、2000名接続のプロキシサーバにブルーコート製品を採用

東京造形大学は、約2000名の学生と教職員が接続する学内LANのプロキシサーバにブルーコートシステムズの「Blue Coat Proxy SGアプライアンス」を2台採用した。

[ITmedia]

 ブルーコートシステムズは9月20日、東京造形大学が約2000名の学生と教職員が接続する学内LANのプロキシサーバに、「Blue Coat Proxy SGアプライアンス」を2台採用したと発表した。

 同製品は、Webや電子メールなどの企業アプリケーションを高速化するテクノロジー「MACH 5」を搭載し、帯域幅の管理やトラフィックの優先順位を設定できるのが特徴。

 Blue Coat Proxy SGアプライアンスの導入により、学内LANのネットワークが安定して稼動し、インターネット接続のパフォーマンスが向上した。また、クライアントPCのプロキシ設定を廃止することで、運用管理の簡略化とコスト削減が実現したという。

関連キーワード

プロキシ | アプライアンス | 運用管理


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -